ブログトップ

北陸民放クラブ・石川ブログ

minpoishi.exblog.jp

北陸民放クラブ石川のブログです。

タグ:緑蔭句会 ( 86 ) タグの人気記事

第107回緑陰句会7月例会が、7月17日(火)に金沢市立玉川こども図書館で開催されました。

兼題:百合、蟻地獄



さらさらの砂に溺れず蟻地獄     上田 夢可
紫蘇ジュースルビーの色の透きとほる 多田 美波
梅干すやまだらに染まり一日目    中田  花
小休みの辺りをちこち山の百合    中野水無月
買物籠はみ出し百合の首揺るる    長瀬 皐水
蟻地獄風吹き抜けて静かなる     八田 静歩
三つありて三つの静けさ蟻地獄    松室 風歌
鬼百合の崖に色濃く海青く      吉田 直記



次回、8月例会は、8月30日(金)開催です。
兼題:西瓜、端居

[PR]
by minpoishikawa | 2018-08-09 16:03 | 同好会 | Trackback | Comments(0)
緑蔭句会、第106回緑陰句会6月例会が、6月19日に金沢市立玉川こども図書館で開催されました。
兼題:鮎、茂



上り鮎堰の飛沫を跳び越ゆる    吉田 直記
敷き詰めし笹に盛られて鮎届く   上田 夢可
大輪の背中合わせのアマリリス   多田 美波
急流に腰まで浸かり鮎を釣る    中田  花
川風や焼きたて鮎の尾を跳ねて   中野水無月
焼鮎を客へ伝馬の舟早し      長瀬 皐水
慰霊碑の前に涌くごと黒揚羽    福田 蒼山
息深くして行く山毛欅の茂かな   八田 静歩
宿に着くころは萎れて蕗の傘    松室 風歌



次回、7月例会は、7月17日(火)です。
兼題 蟻地獄、百合


[PR]
by minpoishikawa | 2018-07-04 11:18 | 同好会 | Trackback | Comments(0)
緑蔭句会 第105回5月例会が、
5月25日に行われました。
兼題:蕗、袋掛


一枝は英字新聞袋掛       松室 風歌
マニキュアの残りし指で袋掛   吉田 直記
金網の囲ひの中の袋掛      上田 夢可
蕗葉煮て苦みも香をも箸休め   多田 美波
無雑作に葉の捥がれたる蕗の束  中田  花
袋掛ぶだう何色どの品種     中野水無月
蕗の香の指に残れる夕餉かな   長瀬 皐水
袋掛脚立の先に星ひとつ     福田 蒼山
細くして固くもかたし蕗の茎   八田 静歩



6月例会は、6月19日(火)に開催です。
兼題:茂、鮎

[PR]
by minpoishikawa | 2018-06-15 07:29 | 同好会 | Trackback | Comments(0)
緑蔭句会では、平成30年4月23日に、白山市樹木公園で吟行を行い、同日第104回例会を開催しました。


ハンカチの花に触るれば絹のごと  八田 静歩
揺るるにはまだ咲き足らず藤の花  松室美千代
散る花に両手広げて舞へる子ら   吉田 直記
制服のぶかぶか踊る新入生     上田 夢可
うつむきて片栗の花濃むらさき   多田 美波
払へども眼鏡の外に春蚊かな    中田  花
春愁や水とタミフル卓上に     中野水無月
白躑躅明治は遠き妣の形見     長瀬 皐水
巨木群葉ずれの音や夏間近     福田 蒼山


なお、5月例会は5月25日に開催。兼題は「蕗」「袋掛」でした。
6月例会は、6月19日(火)開催。兼題は「茂」「鮎」です。

[PR]
by minpoishikawa | 2018-05-27 17:47 | 同好会 | Trackback | Comments(0)

今年の1月、2月の例会は荒天のため中止となり、電子メールを利用した、句の交換となりました。私たちはこれを「メール句会」と呼んでいます。今回ご紹介するのは、1月、2月の出句からのものです。

1月の兼題は「雪」「買初」

2月の兼題「立春」です。



脱輪のまたもやここに雪の路地  松室 風歌

女生徒の手つなぎ燥ぐ雪の道   吉田  直記

雪を掻く隣家の境少し出で    上田 夢可

湯桶置き背(せな)を丸めて牡蠣剥女(かきむきめ)

                多田 美波

寒椿雪を被りてなほ紅く     中田  花

春待つや生菓子の名の花衣    中野水無月

初護摩や虚空切り裂く僧の指   長瀬 皐水

大氷柱青空の色閉ぢ込める    八田 静歩



■ 3月例会は、3月21日(火・祝)に開催いたしました。次回103回4月例会は、鶴来方面への吟行の予定です。


[PR]
by minpoishikawa | 2018-03-23 08:03 | 同好会 | Trackback | Comments(0)

第101回 緑蔭句会12月年忘れ句句会が、

12月15日(金)に金沢市香林坊「魚半」で開催されました。

兼題:冬座敷、古暦



取り替へる軸の香立つる冬座敷   八田 静歩

古暦こころもとなく掛りたる    松室 風歌

古暦別れがたなき美人かな     吉田 直記

書込みの賑やかなりし古暦     上田 夢可

寒林や枝枝は空突きさして     多田 美波

葉を挟み繕はれたる障子かな    中田 花

弾かぬ琴立てしままなる冬座敷   中野水無月

あえのこと祭主の所作へ霰打つ   長瀬 皐水



次回、新年2018年1月例会のお知らせ

日時:2018年1月26日(金)

会場:金沢市立玉川こども図書館

兼題:買初、雪


[PR]
by minpoishikawa | 2017-12-29 10:32 | 同好会 | Trackback | Comments(0)

第100回 緑蔭句会11月例会が、11月17日(金)に金沢市立玉川こども図書館で開催されました。


兼題:冬日和、風邪

席題:切干



陽に向けし背ナ温かき冬日和    長瀬 皐水

咳き込んで咳き込んで脾腹の痛し  八田 静歩

啄木鳥の影の叩けば音もまた    松室 風歌

柿落葉掃くより拾ふばかりかな   吉田 直記

白菜の取入れ我が子抱くやうに   上田 夢可

落葉径一歩一歩の沈みさう     多田 美波

散紅葉少し残して掃きにけり    中田  花

花石蕗や茶室への道明るうす    中野水無月



次回、第101回12月例会 年忘れ句会のお知らせ

日時:12月15日(金)

会場:金沢市香林坊「魚半」 

兼題:冬座敷 古暦


[PR]
by minpoishikawa | 2017-11-17 09:45 | 同好会 | Trackback | Comments(0)

第99回 緑蔭句会10月例会が、10月21日(土)金沢市立玉川こども図書館で開催されました。


兼題:蓮の実、薄紅葉

席題:柿


半分は飛ばず蓮の実乾びけり     中野水無月

流刑小屋いま穏やかに薄紅葉     長瀬 皐水

蓮の実の飛びてがらんのままに揺れ  八田 静歩

蓮の実の飛び出しさうな一つかな   松室 風歌

落日にますます赤き熟し柿      吉田 直記

姿良く柿の蔕まで整ひて       上田 夢可

最崖の灯台白く秋の風        多田 美波

しな垂れし枝に大きく光る柿     中田 花



次回、第100回 11月例会のお知らせ

日時:11月17日(金)

会場:金沢市立玉川こども図書館

兼題:冬日和、風邪


[PR]
by minpoishikawa | 2017-11-11 10:06 | 同好会 | Trackback | Comments(0)

第98回緑蔭句会9月例会は、9月18日に開催する予定でしたが、台風18号の影響が心配されたため、いつもの形での例会を中止し、電子メールを活用した、在宅例会の形式で行いました。


兼題:秋灯、菊




秋灯やなほ捨て難き古手紙      中田  花

秋灯や城崎にてと便り書く      中野水無月

秋灯や繕うてゐる妣の影       長瀬 皐水

秋灯や人影動くビルの影       八田 静歩

細波のさざ波をよぶ秋の風      松室 風歌

濃き朱や墓石の側の蔓珠沙華     吉田 直記

揺れ揺れてうねりとなりし風の萩   上田 夢可

天守閣四方よりの風爽やかに     多田 美波



次回、第99回10月例会のお知らせ

日時:10月21日(土)

会場:金沢市立玉川こども図書館

兼題:蓮の実、薄紅葉




[PR]
by minpoishikawa | 2017-10-10 13:27 | 同好会 | Trackback | Comments(0)
第97回緑蔭句会8月例会が、平成29年8月25日(金)午後1時から、金沢市立玉川こども図書館で開催されました。

  兼題:「生身魂、残暑」
  席題:「白秋」という生菓子



お迎へを待つ達観の生身魂     多田 美波

生御霊写真撮るとて薄化粧     中田  花

白秋てふ銘菓机上の秋天下     中野水無月

蝉時雨止静三つの鐘の間も     長瀬 皐水

とつとつと戦禍語りし生身魂    八田 静歩

ステーキ一枚たひらげて生身魂   松室 風歌

蜩や木立の影も長くなり      吉田 直記

坂半ば腰伸ばしゐる生身魂     上田 夢可




次回、第98回例会のお知らせ

日時・2017年9月18日(月・祝)午後1時
会場・金沢市立玉川こども図書館
兼題・菊、秋灯



[PR]
by minpoishikawa | 2017-09-13 09:52 | 同好会 | Trackback | Comments(0)