ブログトップ

北陸民放クラブ・石川ブログ

minpoishi.exblog.jp

北陸民放クラブ石川のブログです。

秋の散策会は「お熊甲祭り」へ

  秋の散策会は「お熊甲祭り」へ

北陸民放クラブ・石川の秋の散策は、9月20日(土)、七尾市中島町のお熊甲祭り見学です。
会員の皆様には、近日中にご案内をお送りします。

ここでは、ご案内に先立って、「お熊甲祭り(二十日祭り)」の概要をご紹介します。

(1)久麻加夫都阿良加志比古神社境内で行われる神事。猿田彦に先導された「枠旗」と「神輿」が境内を乱舞します(午前中)。
c0163618_21471959.jpg





(2)神輿を先導する猿田彦
c0163618_21475197.jpg


(3)境内の神事が終わると、19基の枠旗と神輿は、加茂原へ向かって渡御を開始します。
c0163618_21464923.jpg


(4)緑の丘をバックにして加茂原までの約700メートルは、巨大な枠旗と神輿の行列で埋め尽くされます。
c0163618_21481668.jpg


(5)加茂原に到着した枠旗は、この祭りのクライマックス、「お回り神事」を開始します。
c0163618_21483893.jpg


(6)高さ20メートルにも及ぶ枠旗を地上すれすれにまで傾ける妙技は俗称「島田くずし」と呼ばれます。昔、この祭りを見ていた新妻の島田を崩したといわれるこのパフォーマンスは、かつぎ手全員のエネルギーと心意気の結晶といえるでしょう。
c0163618_228185.jpg


(7)
c0163618_2285184.jpg


(8)お回り神事が終わると、全ての神輿が加茂原に整列し、神官は一つ一つの神輿に対して祝詞をささげ、これをもって祭りは終わりを迎えます。巨大な枠旗はそれぞれの集落へ向かって帰り支度を始め、賑わいを見せた加茂原にも、やがて静寂が訪れます。
c0163618_229256.jpg


 能登の奇祭といわれる「お熊甲祭り」。国の重要無形民俗文化財にも指定されています。

 今回の旅行では、枠旗の行列が加茂原へ到着する時刻に合わせて現地入りし、祭りのクライマックスを充分に堪能していただく予定です。
                                  (写真と文:長瀬もとひこ)
[PR]
by minpoishikawa | 2008-08-08 08:42 | 同好会 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://minpoishi.exblog.jp/tb/9395436
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 風の童子 at 2008-08-14 08:35 x
北陸民放クラブ・石川ブログの開設
おめでとうございます。
記録をとどめるにもブログは最適ですね。
何よりも「無料」と言うところが最高!(笑)

「継続は力!」
編集長は大変だと思いますが
頑張ってください~♪
Commented by minpoishikawa at 2008-08-14 12:00
風の童子さん、こんにちは!
お祝いコメント、ありがとうございます。
民放クラブの皆さんの情報発信の場として活用していただければと思います。
見て読んで楽しいブログにしていきたいものです。
風の童子さんのお力を貸してください!
どうぞよろしくお願いします。